COLKコラムvol.40〜意外と知らない紫外線の知識 続編〜

こんにちは☆COLKのホシナです😃

 

早速、紫外線のお話パート2を書かせていただきます!!!

 

 

 

パート1はこちら☟

COLKコラム vol.38 〜意外と知らない紫外線の知識〜

 

皆さん、活性酸素って聞いた事ありますか???

聞いた事あるけど、よく分からない…と言う方がほとんどだと思うので簡単に説明しますね!!

 

活性酸素とは、字の通り活発な酸素の事をいいますが、何が活発かというと『酸化させる力』が活発と言う事なのです。

雰囲気だけだと良さそう!

…に聞こえますが、活性酸素が適量であれば細胞を保護してくれたりする役割がありますが、

増えすぎると逆に細胞を傷つけてしまいます。

 

つまり!!

老けてしまう!!

のです😨

 

そうです。タイトルから予想されていると思いますが、

気温が高く汗をかく→紫外線を浴びる→皮脂が紫外線の影響で酸化する→活性酸素が増える→カルボニル化

という、恐ろしい循環が生まれます💦

 

※カルボニル化とは…活性酸素によって酸化した脂質がタンパク質と結合して性質が変わる現象の事。

 

カルボニル化によって皮脂は、過酸化脂質に変化します。

過酸化脂質はベタつきや不快なニオイの原因になります。

蓄積されると毛穴がつまり、抜け毛、うねり、パサつきにも繋がってきます!!!

地肌の皮膚が劣化し、髪に悪影響が!!!

 

 

🌟地肌と髪は一心同体なのです🌟

紫外線というと、肌の事だけ気にしがちですが、髪や地肌にも大打撃です!!

前回紹介した日焼け止めや、帽子をかぶったりとの対策が必要ですね✨

おすすめは、炭酸泉やヘッドスパなどのメニューを一緒にしてあげると

カルボニル化した頭皮を正常に戻してあげられるので、髪も地肌も良い状態をキープできますよ😊

 

正しい知識を持って、今年の夏は怖いもの無しで楽しんじゃいましょう🌟

 

月別アーカイブ

カテゴリ

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone
Page Top