COLKコラム vol.23 〜髪のダメージ〜

こんにちは。

矢口です。

 

カラーやパーマ

カットと

ヘアデザイン楽しんでますか?

色々とやりたくて

やっていると

髪の毛って傷んでいきますよね…

 

髪って傷んでいくとどうなっていくのでしょうか?

そんな疑問あるかと思います。

images

パサつきがでてしまい、手ぐしや櫛をとおそうとした際にひっかかってしまいます。

無理にとかしてしまうと

切れ毛の原因になります。

目の粗い櫛などを使うようにしましょう。

それからオイルやミルクなどのトリートメントです!!

 

ツヤがなくなり見た目がキレイにみえなくなってしまいます…

これは髪の表面のキューティクルが損傷してしまうからです。

それにより

カラー、パーマの仕上がりに影響がでてしまいます。

髪型を楽しみたくても思い通りにならないのです…

 

髪がゴムのように伸びるようにもなってしまいます。

これはかなりの重傷ですね…

ホームカラーやブリーチを繰り返しているとそうなってしまいます。

 

枝毛の状態で自然に切れた場合その毛先はまた枝毛になります。

しっかりと美容師さんに切ってもらいましょう。

 

痛みが進んでいくとダメージ部分は切らないと修復できないので

早めのケアは必要です。

 

もちろん

カラーデザインをするためにブリーチする場合もあります。

塗り方や、時間などで軽減することが可能です。

Unknown

よりカラーやパーマなど

デザインを楽しむために気をつけていきましょう。

 

矢口

月別アーカイブ

カテゴリ

TEL0263-88-5877