TPPはたして!?

最近良く聞くTPPですが、皆さん詳しく考えておりますか?

まずご存知かと思いますが、TPPとは

別名:環太平洋経済協定環太平洋連携協定環太平洋戦略的経済連携協定環太平洋パートナーシップ環太平洋パートナーシップ協定太平洋間戦略経済連携協定トランス・パシフィック・パートナーシップ
英語:Trans-Pacific PartnershipTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement

2006年APEC参加国であるニュージーランドシンガポールチリブルネイの4ヵ国が発効させた、貿易自由化目指す経済的枠組み

TPPは、加盟国の間で取引されるすべての品目に対して関税原則的100パーセント撤廃しようという枠組みである。工業製品農産品金融サービスなどをはじめ、全品目について、2015年をめどに関税全廃実現するべく協議が行われている。

2010年11月時点で、米国オーストラリアペルーベトナムマレーシアの5ヵ国がTPPへの参加表明し、次いでコロンビアカナダも参加意向表明している。

それまで日本はTPPに対す姿勢明らかにしていなかったが、2010年10月開かれた新成長戦略実現会議」で、菅直人内閣総理大臣当時)がTPPへの参加検討表明した。しかし、TPPは国内農業漁業をはじめ、あらゆる産業に対して大きな影響を及ぼす協定であり、参加反発する声や、参加を急がず慎重を期するべきとの声も多数上っている。

聞いていると良いことばかりかと思いますがメリット、デメリットを上げてみましょう。

まずお肉やお米が安くなります。消費者は嬉しいですが、それによって国内農家に圧力がかかります。

韓国では日本に高く売れるパプリカ栽培などの栽培をして農家への負担を減らしているみたいです。しかも国の援助のもとです。

逆に輸出産業は著しく進歩します。

そんなこんなで日本のデフレの手助けをしてしまうと、心配の声もあがっております。

また他国からの政治的圧力がかかるなどの問題もあります。

メリット デメリット沢山有りますが果たしてどうなんでしょうか??

僕らの生活にも影響がでる事なので良く考えないといけませんね。

 

いっそ世界で関税無くせないんですかね?

色々な問題あるから無理ですよね。

 

はたして日本が参加したらどういう影響が出るんでしょうか??

今後もしっかり関連記事に目を通したいと思います。

起きろぉぉぉー!!/キルツ

 

余談ですが クライスラー車安くなりますかね??

マツザワ

月別アーカイブ

カテゴリ

Pin on PinterestTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone
Page Top